カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

駒ヶ岳 津貫エイジング

南さつま市加世田「津貫」。ここ薩摩半島南西の緑溢れる山あいの中に佇む、本土最南端のウイスキー蒸溜所「マルス津貫蒸溜所」。 薩摩半島南西部に位置する津貫は、万之瀬川支流の加世田川に沿って長くのびている盆地にあります。東を蔵多山(475m)、西を長屋山(513m)の山々に囲まれ、地形が盆地状のため、夏は暑く、冬の寒さは、南薩摩にあっては、ことのほか厳しい地域です。 良質な水資源(蔵多山湧水)もあり"天の恵み"といっていいほどの自然環境を有し、山の傾斜地を有効に利用したみかん栽培も盛んで、"津貫みかん"として知られています。 温暖な気候と良質な水資源に恵まれる津貫は、本坊酒造発祥の地。薩摩を代表する特産物「さつま芋」を使って焼酎造りを始めてから百有余年、この土地の水と気候風土を知り抜き、酒造りの伝統を今に伝える津貫の地で、ウイスキー造りに取り組んでいます。

駒ヶ岳 津貫エイジング

メーカー:マルスウイスキー
価格:

8,640円 (税込)

購入数:

在庫

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ 商品説明

2016年11月、南さつま市津貫にマルス津貫蒸溜所が開設されました。「シングルモルト駒ヶ岳 津貫エイジング」は、この新しい蒸溜所の開設を記念して商品化されたシングルモルトウイスキーです。 2013年マルス信州蒸溜所で蒸留し、津貫の石蔵のバーボンバレルで3年間熟成されたモルト原酒10樽をヴァッティング。バーボン樽由来の甘さとピート香が調和し、オレンジ、バナナといった果実のニュアンスも感じられるシングルモルトウイスキーです。 これから蒸留が始まる本坊酒造発祥の地津貫でのウイスキー造りの可能性を感じていただければ幸いです。

■ 商品仕様

製品名駒ヶ岳津貫エイジング
メーカーマルスウイスキー

ページトップへ